緊急地震速報/計測地震防災 |

簡易震度計
VissQ-Lite

地震発生時の建物の揺れを計測して、リアルタイムに演算した震度を表示します。これにより、建物の継続使用判断や迅速な復旧支援などに活用できます。

システム構成

簡易震度計を建物に1台設置し、建物の共有部に表示機を置くことで、利用者が定量的に揺れを捉えることができます。

VissQ-Proシステム図

主な機能

建物の揺れをリアルタイムに把握

気象庁が発表している震度は、全国に点在させている観測点地点の揺れの強さを示すものでしかなく、建物における実際の震度を知るためには、建物ごとに揺れを計測する必要があります。VissQ-Liteは建物の揺れを検知し、表示器に最新震度と最大震度を表示することができるので、迅速な初動対応を講じることができます。

グループ内施設の被災状況を防災拠点で集中管理
グループ監視システム

ネットワークシステムのイメージ図ネットワークシステムのイメージ図

システムのネットワーク化により、防災拠点で各施設の被災状況が定量的に把握でき、震災支援・復旧対応の優先順位付けをサポートします。また、防災拠点から表示器に具体的な指示を送ることで、情報と行動の一元化に役立ちます。

主な製品

システムを構成する主な製品

型番外観製品内容カタログ
VissQ-Lite簡易震度計システム 単独監視VissQ-Liteカタログ