緊急地震速報/計測地震防災 |

免震ビル対応システム
VissQ-IS

地震による被害の実態に近い指標を用いて建物の安全性の確認をサポートし、施設管理者や利用者に向けた的確な情報が得られます。これにより建物の継続使用・事業継続・帰宅困難者の受け入れなどの判断が容易になります。

システム構成

免震層の下部・上部、中間階、最上階に地震計を設置することで、建物の被災度判定支援に加え、免震効果の確認や免震層の点検要否の判断も可能になります。

VissQ-ISシステム図

主な機能

建物の種類や用途に応じて各システムの選択が可能です。

地震発生
大きな地震の揺れを到達前に検知・長周期地震動への対応
緊急地震速報システム

気象庁配信の緊急地震速報を受信し、強い地震動が到達する前に、予測した震度や到達時刻を知ることができます。

もっと詳しく知りたい方はこちらをご覧ください

揺れ到達
建物の揺れをリアルタイムに把握
加速度・震度警報システム
変位警報システム

建物各所に分散させて地震計を設置することで、個々の地震計からの加速度データを取得するとともに、震度相当値と変位を即座に算出します。

揺れ収束
建物の被災度判定支援
被災度判定支援システム

あらかじめ設定した建物の情報と実測の加速度データから、建物全フロアの最大加速度と層間変形角を算出し、表示します。

免震層の臨時点検の判断

免震層の相対変位が点検要否の判断基準(閾値)を超えているか否かにより、免震層の臨時点検の要否が判断できます。

免震効果の確認

免震の場合(実測)と非免震(解析)の場合の加速度値の比較表示により、免震の効果が確認できます。

グループ内施設の被災状況を防災拠点で集中管理
グループ監視システム

ネットワークシステムのイメージ図
ネットワークシステムのイメージ図

システムのネットワーク化により、防災拠点で各施設の被災状況が定量的に把握できるので、震災支援・復旧対応の優先順位付けが可能になります。また被災直後に初動対応を実施することができます。


※建築基準法施行令第82条の2で超高層建物の構造体の損傷限界値は層間変形角にて規定されています。

主な製品

システムを構成する主な製品

型番外観製品内容カタログ
LU301LU301有線LAN地震計 [記録部]LU301カタログ
SU202SU202有線LAN地震計[センサ部]SU202カタログ
SU501SU501有線LAN地震計[センサ部]SU501カタログ
KB-2100TKB-2100T緊急地震速報受信機 (NTT回線専用)KB-2100Tカタログ
EW-1000EW-1000変位警報装置EW-1000カタログ
EW-2000EW-2000加速度・震度 警報装置EW-2000カタログ
EW-1100VEW-1100V変位表示ソフトウェアEW-1100Vカタログ
EW-2100VEW-2100V加速度・震度表示ソフトウェアEW-2100Vカタログ
KS-2000HKS-2000H緊急地震速報表示ソフトウエアKS-2000Hカタログ