近日リリース

低コストで利用できるIoT地震観測サービス

高精度の地震計とクラウドを活用した、広域・多拠点の地震観測サービスが低コストで始められます。

IoT地震観測サービスシステムイメージ
  • 各建物に設置した地震計で地震の揺れを計測
  • 計測データはクラウドサーバーに自動でアップロードされ解析
  • スマホやPCで各建物の震度や被害状況をまとめて確認

地震時に複数建物の被害状況を一元管理

簡易地震計PL200

1.計測

  • ・地震計専業メーカーだからこその計測精度
  • ・地震計を床に取り付けるだけの簡単設置
  • ・WiFi/LTE-M通信によるデータ自動アップロード機能
多拠点管理画面

2.管理

  • ・マップ/リスト形式により広域・多拠点管理が可能
  • ・遠隔での死活監視、ファームウェアアップデート機能
  • API連携機能
健全度評価画面

3.共有

  • 地震発生通知メール機能
  • 簡易被災度判定機能

※掲載された端末の画像やシステムの画面などは、すべて開発中のもの、またはイメージです。

多くの建物に地震計を設置することで、
「安全・安心」の輪が広がります。

  • 大地震発生時迅速に被害状況が推定できることにより、初動対応時間を大幅に短縮できます。
  • 平常時日常的に起きる震度3程度の地震の観測・分析により、建物保全に活用できます。
  • こんな用途にも自社の製品(建物)、サービスの耐震性能を示すことで、お客様に安心を提供できます。

様々なサービス・業界での活用が可能です。パートナーとしてご検討ください!

  • 住宅 自社製品の耐震性評価、大地震発生時のお客さまへの駆けつけサポート。平時の観測記録を耐震補強やリフォーム提案に活用しませんか?
  • 不動産 テナントへの被災度情報の提供。平時の観測記録を耐震補強等の検討材料として活用しませんか?
  • 電力・ガス・水道 遠隔地の無人施設の被害状況推定。契約者へのオプションサービスとして活用しませんか?
  • 通信 基地局、データセンターの被害状況推定。多点観測情報を用いた新サービス開発に活用しませんか?
  • 製造業・流通・交通 重要拠点、サプライチェーンの被害状況推定。リスク対策に活用しませんか?
  • 病院・学校・自治体 災害時の重要拠点、避難所となる施設の被害状況推定。地域住民・保護者への情報提供ツールとして活用しませんか?
  • 警備 契約者、管理受託ビルへのオプションサービスとして活用しませんか?
  • 銀行・保険 地域社会への災害対策CSR活動、投資家向けのリスク対策・リスク情報開示、新商品開発に活用しませんか?

白山工業では地震BCM、建物ヘルスモニタリング、地域貢献活動など
さまざまな業界の皆様と連携し、安全・安心な街づくりを推進しています。
どうぞお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ