オフィスVRイメージ マンションVRイメージ

地震ザブトン+SYNCVR

地震ザブトン+SYNCVRロゴ

地震動記録があれば建物・高さに応じた
リアルなVR地震体験が可能です。

地震被害の伝え方は
「大きさ」から「違い」

「地震ザブトン+SYNCVR」では、任意の地震動記録を指定形式で入力するだけで、建物・高さに応じたリアルなVR地震体験が可能です。過去の地震観測記録を用いた防災訓練やBCP訓練での地震体験に加え、建物の応答解析記録を用いた地震体験を容易に提供できるようになり、建物構造によって異なる室内被害の差や耐震性能をわかりやすく伝えることが可能となります。
目的に合わせたリアルなVR地震体験が可能となる本装置の提供により、これまで被害の「大きさ」を伝えることに重点の置かれていた地震体験を、「違い」を伝える体験に変えることで、地震体験を中心とした新しいコミュニケーションの活性化に貢献します。

特長1 メニュー数∞のVR地震体験

地震波形ひとつで室内被害映像をリアルタイムに生成し、揺れと同期したVR地震体験を提供します。

システムイメージ図

特長2 地震動記録の利活用を促進

過去の地震観測記録に加え、今後発生可能性のある想定地震記録、建物の応答解析記録を用いた体験が可能となり、
これまであまり活用されてこなかった各種地震動記録の利活用が促進されます。

地震動記録の利活用のイメージ図

特長3 体験メニュー追加作成コスト
0円

従来は数ヶ月/数百万円単位でかかっていた地震動毎の被害映像作成が無料になります。

  • 従来の被害映像
    振動台実験を撮影した動画や、建物・家具什器などの応答解析を行ったVR映像を事前に作成しなければならず、体験メニューの追加が容易にできないという問題がありました。 従来の被害映像イメージ図
  • SYNCVRのVR映像
    リアルタイムシミュレーション技術により、地震動毎のVR映像作成が不要になり、追加費用かからず、容易にさまざまな体験メニューを提供できるようになりました。 SYNCVRのVR映像イメージ図

SYNCVR※1は、株式会社日建設計と株式会社ジオクリエイツが共同開発した、仮想地震体験のためのVRシステム。建築主と設計者が、耐震コミュニケーションを円滑に行うためのプロフェッショナルツール。VR空間のモデルは、設計図として利用するBIMデータを利用して作成しており、入力地震動によって転倒・落下・移動する什器や家具類の動きを毎回演算して描写します※2

SYNCVRロゴ

※1 SYNCVR(外部リンク)は株式会社日建設計と株式会社ジオクリエイツの登録商標です。 ※2 VR空間の地震被害は、実際とは異なる可能性があります。

室内CGモデル

オフィスとマンションの2種を標準装備しています。
BIMデータを用いての独自CGモデルや外観作成も可能です。(オプション)

【オフィス版】
2016年熊本地震本震のシミュレーション動画
【マンション版】
兵庫県南部地震のシミュレーション動画
<視聴方法>
  • ■パソコンで視聴する場合
  • ・右下の「VR」アイコンをクリックすることで画面を最大化できます。
  • ・再生中は、見たい方向を画面の中央に運ぶようにマウスをクリック&ドラッグして視点を移動できます。
  • ■スマートフォンで視聴する場合
  • ・スマートフォンで視聴する際は、通信環境に応じて、再生まで少しお時間をいただく場合があります。
  • ・再生中、見たい方向にスワイプすることで、水平方向に360度視点を移動することができます。

※上記の360度動画は、ToPolog(外部リンク)を通じて配信しています。

活用例

今後、以下の業界での利用を想定しています。

  • 建築・設計
    新築・改修設計時における
    耐震性能比較・ 合意 形成ツール
  • 不動産
    住宅・マンション販売、
    テナント誘致、制震免震装置販促
  • 防災
    防災訓練、BCP訓練、震災伝承

防災訓練やBCP訓練を目的とした一日利用の出張運用サービスから、イベントや企画展での短期レンタル、
施設常設の長期レンタルなど、目的や場所に応じた利用が可能です。

ぜひ一度、地震ザブトンを体験してみてください。 試乗できます!毎週水曜日 府中本社 試乗のお申込み

資料請求/お問い合わせ