白山オフィシャルサイトへ

用語集

地震・火山観測/防災関連



すべての説明を表示


海溝

海底が溝のように非常に深くなっているところ。プレートが他のプレートの下に沈み込んでいく場所にできる。最深はマリアナ海溝で水深約11km。

[執筆:Y.H]

↑ Top of Page


活断層

約100万年前から現在までの間に動いたとされる断層。

極めて近き時代迄地殻変動を繰り返した断層であり、今後も尚活動すべき可能性の大いなる断層を活断層と言う。

参考文献/出典: 多田文男「地理学評論」

[執筆:Y.H]

↑ Top of Page


Q値

減衰の指標。
  Q値_式-1
で表される。Eは最大歪エネルギー。振動1周期の間に失われるエネルギーをあらわす。 線型の応力-ひずみ関係を持つ媒質に対して、波の振幅AはE-1/2に比例するので、
  Q値_式-2
である。

[執筆:Y.H]

↑ Top of Page


空白域

(地震の空白域)

プレート境界など、くり返し地震が発生する領域の中で、しばらく地震が発生していない地域のこと。
基礎講座「地震とは」にも記述あり。

[執筆:Y.H]

↑ Top of Page


グーテンベルク・リヒターの式

ある地域、ある期間に発生した地震のマグニチュードM別の頻度n(M)を表す式のこと。
  log n(M) = a -bM
bは1程度。すなわち、Mが1小さくなると発生頻度が10倍となる。
基礎講座「地震とは」6-2章のマグニチュードの頻度分布も参照。

[執筆:Y.H]

↑ Top of Page


傾斜計

地盤の傾斜を測定する装置のこと。
水管傾斜計、振り子型傾斜計に大別される。

傾斜計

水管傾斜計は、例えば松代にある精密地震観測室に設置されている。

[執筆:Y.H]

↑ Top of Page


工学的基盤、地震基盤

工学的基盤は、ビルなどの建物を建てるときの基礎となる地盤で、S波速度が400m/s程度。
地震基盤は、S波速度が3km/s程度の地盤。

[執筆:Y.H]

↑ Top of Page


固有周期

地盤や建築物が特徴的に揺れる周期。
地震により励起される地盤の固有周期と建築物の固有周期が重なると増幅されて建物への被害が大きくなる。
基礎講座「地震とは」8章参照。

[執筆:Y.H]

↑ Top of Page




もくじ