白山オフィシャルサイトへ

はくさん博士の基礎講座

地震とは

4.地震の発生場所

活断層
参考文献/出典:活断層とは何か,池田 他,東京大学出版会

日本付近のプレートの状態と地震の分布からこのような模式図が書けます。海溝にプレートが沈み込んでおり、そのプレート内部やプレート境界で地震が発生するとともに、プレートの沈み込みに伴って陸地が押され、断層(活断層)で地震が発生します。
地球を構成している岩石に力が加わり、耐え切れなくなってずれ(=断層)が生じ、地震が発生します。プレート境界で発生する地震も、断層運動による地震です。


日本付近のプレート境界で発生する地震

日本付近ではプレート境界で多く地震が発生しています。近々発生すると言われている東海地震、東南海地震、南海地震はフィリピン海プレートがユーラシアプレートの下に沈み込むことによって生じます。また、発生確率が非常に高いとされている宮城県沖地震などは、太平洋プレートがユーラシアプレートの下に沈み込むことによって生じます。他にも十勝沖地震など、大きな地震が発生しています。 これらのプレート境界で発生する地震は、百数十年から数十年単位で繰り返し発生します。

プレート状態
参考文献/出典:活断層とは何か,池田 他,東京大学出版会


千島海溝沿いの巨大地震
千島海溝沿い地震

参考文献/出典:活断層とは何か,池田 他,東京大学出版会 *青色部本稿

プレート境界で発生する地震は、しばらく地震が発生していないところ(地震の空白域)で発生する可能性が高いです。左は千島海溝沿いで発生した巨大地震の位置と発生年の分布です。


主要海溝型地震評価

地震調査研究推進本部は、日本付近の主要海溝型活断層評価、及び主要活断層評価の図を作成し、日本における海溝型地震の規模とその発生確率、主要活断層の規模と発生確率を計算しています。海溝型地震は数100年間隔、内陸活断層の地震は1000年かそれ以上の間隔で発生することもあり、おおむね海溝型地震の方が発生確率が高くなっています。その中でも、宮城県沖地震や想定東海地震などが非常に近いうちに発生すると考えられています。

海溝型地震評価

参考文献/出典:地震調査研究推進本部
最新は http://www.jishin.go.jp/main/p_hyoka02L.htm を参照してください


主要活断層評価

日本における最近の活断層による地震は、1995年の兵庫県南部地震の被害が甚大でした。今後発生する確率が高いとされている活断層には、中央構造線、富士川河口断層帯などがあげられています。関西の上町断層なども発生したときの被害が甚大であることが予想されるので、しばしば話題に上がっています。

活断層評価

参考文献/出典:地震調査研究推進本部
最新は http://www.jishin.go.jp/main/p_hyoka02L.htm を参照してください


参考:1981年「要注意断層マップ」

要注意断層マップ
参考文献/出典:活断層とは何か,池田 他,東京大学出版会

松田先生が1981年に発表された「要注意断層マップ」には、阪神大震災を引き起こした断層(2番)がすでにリストアップされています。


過去の大地震で発生した断層の例

1891年濃尾地震で発生した断層。
岐阜県本巣市(旧根尾村)にある断層です。この根尾谷断層には地震断層観察館・記念館があり、右図のような断層を見ることができます。上下に6mずれています。
(左上の人物は著者)

濃尾地震の断層


参考:発生確率のイメージ

地震の発生確率の数字を見ても通常ピンと来ないと思いますので、地震調査研究推進本部が出している「発生確率」の比較の図をのせます。例えば、「30年で26%」は、今後30年で交通事故で怪我をする確率と同程度ですので、少しはイメージできるかも知れません。

発生確率
参考文献/出典:「全国を概観した地震動予測地図」報告書,地震調査研究推進本部 地震調査委員会



↑ Top of Page


もくじ