スリッター

電池用材料向けスリッター

リチウムイオン電池などの電池用材料(陽極材・陰極材・セパレータ)の高精度切断を実現するスリッターです。
数値設定による制御と新機構で切断品質を高めた高精度カッタースタンドを搭載し、
陽極材、陰極材、セパレータなど材料に合わせて切断方式が選択できます。

電池用材料向けスリッター

特長

  • 電池用材料の安定した切断を実現する
    高精度のカッタースタンド

    マイクロメートル(μm)単位で刃と材料の位置関係を緻密に制御してクリアランス量を一定に保ち、異なる性質を併せ持つ電池用材料においても基材バリや粉の発生を抑えます。

  • 切断方式の選択で品質とコストを両立

    部品交換などの手間なしにギャング式、ゲーベル式の2通りの刃組みに対応可能。陽極材・陰極材・セパレータの物性の違いに合せた使い分けで、切断品質とコストダウンの両立を図ることができます。

  • 数値設定で作業内容が管理できる

    独自の機構と計測、制御技術を装備。各種条件を数値設定することにより、目視や感覚に頼らない安定した品質の切断と高い再現性を実現しました。

  • 拡縮カッター軸で刃組みが容易

    油圧による軸径の拡張で刃部分を固定する「拡縮カッター軸」を採用。装着時のガタ(誤差)が少なく、刃の縦ブレによるラップ量の変化を防ぐことができます。刃組み時は軸径が縮小されて抜き差しが容易です。 (拡縮カッター軸特許出願中)

  • 稼動時の熱膨張も自動調整

    上下カッター軸の各軸受け機構において運転中の熱膨張を計測。両者にスラスト方向のズレが生じると自動的にミクロン単位で軸の位置を調整する制御を行い、切断品質をハイレベルに保ちます。

切断方式
  • ギャング式刃組みの構造

    ギャング式刃組み

  • ゲーベル式刃組みの構造

    ゲーベル式刃組み

仕様

[電池用材料向けスリッター DA700の仕様例]

処理材料 電池材料(陰・陽極材、セパレータ)
処理板厚 総厚0.05~0.2mm
処理板幅 MAX700mm
元コイル重量 MAX 300kg
元コイル内径 φ3インチ(φ76.2mm コア内径)
元コイル外径 MAXφ700mm
巻取コイル重量 MAX 300kg
巻取コイル内径 φ3インチ(φ76.2mm コア内径)
巻取コイル外径 MAXφ700mm
ライン方式 全タイト、ドライブカット、スリップ巻
ライン速度 MAX 100m/min
カッター方式 ギャング/ゲーベル式
材料押さえ リングフィンガー、同心ゴム、ロール抱かせ式
巻取方式 2軸各個フリクション巻取式
装置サイズ W6500×H2050×D2600mm
電源設備 AC200V 三相 50/60Hz 22kVA

※金属箔を基材とするコーティングや積層による電極用複合材を想定します。 対応する処理板厚、巻取コイル外径は素材などにより変動があります。

テストカット受付中

お客様ご提供の材料を評価用に切断いたします。

テストカット申し込み