パンくずリスト


サポート - 計測機器

LU102_SU102のQ&A

電源に関すること

弊社ではBUFFALO社製のBS-POE-2008MR(給電タイプB)を推奨しています。
給電タイプがAlternative B(予備線による給電)のPoE給電対応スイッチを推奨します。
動作確認済みの製品は下記のとおりです。(2007年3月現在)

型番給電タイプメーカー
BS-POE-2008MRBBUFFALO
BSL-PS-2108MRBBUFFALO
SW-0008FPAPLANEX
FS108PANETGEAR
CG-SW08TX-PSBcorega

LU102とSU102の設置場所が離れていた場合など、LU102とSU102で別のPoE給電対応スイッチを用意する必要があるときに、LU102を付属の電源アダプタを動かすことでPoE給電対応スイッチを1台減らすことができます。
この場合には、SU102側にはPoE用給電対応スイッチを、LU102側にはPoE用給電対応スイッチ以外のHUBを用意してください。

データに関すること

以下の要因が考えられます。
(1) LANケーブル
  ・カテゴリ4以下のLANケーブルを使用している。
  ・LANケーブルが劣化している。
(2) 電源
  ・停電が発生した。
(3) 「応答無し」のSU102
  ・実際には接続されていないSU102を削除していない。

監視機器から外して(基本設定画面から削除)設定を行っていない場合も、データは記録されています。
ただし、基本設定及びトリガ設定を行っていないため、トリガ対象となりません。監視機器として設定されているSU102にトリガがかかったときに、同時にデータが記録されます。
トリガファイルに記録されるデータの並び列は、関し聞きに設定されているSU102のデータが左側から順番に並び、その後の右側に設定されていないSU102のデータが並びます。
設定されていないSU102が複数ある場合には、起動毎にその列の並びが変わる可能性があります。この場合は、データを処理する前に、トリガファイルのヘッダー部分を確認してください。

表示に関すること

LU102はアップデートすると再起動を行います。
LU102の再起動は、[アップデート実行]ボタンを押してから10秒後に開始し、約1分半後に完了します。
このため、再起動が完了する前に完了画面の[OK}ボタンを押すと、webブラウザが「ページを表示できません」と表示します。
「ページを表示できません」と表示された場合には、いったんwebブラウザを閉じてから、約1分半待ち、改めてwebブラウザのアドレスバーにLU102のIPアドレスを入力してください。

以下の操作を行った際にも、「ページを表示できません」と表示される場合があります。
 ・ネットワーク設定
 ・メンテナンス 工場出荷時設定に戻す
操作によってネットワーク設定が変わった場合には、設定後にそのままでは接続できなくなる場合があります。「ページを表示できません」と表示が出た場合にはIPアドレスを確認してください。

トラブルが発生していなくても、LU102が起動直後の場合には、「時刻誤差大」と表示されることがあります。1時間くらい様子をみてください。
しばらく放置しても「時刻誤差大」と表示される場合には、マニュアルの「6.2.6 状態表示画面に『異常』、『停止』の表示がある場合」を参照してください。

↑ Top of Page


ページリスト


製品情報