パンくずリスト


製品情報 - 計測機器

RT100・RT101・RT102・RT103 | アッテネータケーブル

LS-3000PtV等の入力電圧条件よりも大きな電圧を入力する時に、センサー側の電圧をアッテネートします。

主な仕様

入力部 センサー側に接続
入力インピーダンス
  RT100  30kΩ(27kΩ+3kΩ)
  RT101  60kΩ(30kΩ+30kΩ)
  RT102  37.5kΩ(30kΩ+7.5kΩ)
  RT103  50kΩ(30kΩ+20kΩ)
出力部 データマークの入力チャンネルに接続(Y端子付き)
アッテネート比 RT100 10:1(センサー側の出力を1/10にします。)
RT101 2:1(センサー側の出力を1/2にします。)
RT102 5:1(センサー側の出力を1/5にします。)
RT103 2.5:1(センサー側の出力を1/2.5にします。)
精度 ±0.1% of reading(常温にて)
寸法 全長500mm

【注意】
アッテネータケーブルは、データマークLS-3000シリーズへの電圧入力を抵抗分割することで、最大入力電圧値(±2V)以内に変換するためのケーブルです。 センサーからの最大出力電圧を分圧比で計算し、LS-3000シリーズの最大入力値に近い値となるよう、アッテネータケーブルを選択してご使用ください。 アッテネータケーブルを使用することで、±2V以上の電圧も測定できるようになります。
ただし、出力インピーダンスの高いセンサー等をお使いになる場合は、誤差が生じますのでご注意ください。
なお、±5V、±10Vの出力センサーをご使用の場合は、環境計測用データロガーLS-2000(±5V、±10Vタイプ)(2ch)もご用意しております。

↑ Top of Page


ページリスト