パンくずリスト


製品情報 - 計測機器

SU100 | 無線LAN振動計

◆◆◆2010年10月販売を終了◆◆◆

電源投入で即計測スタート。無線LANによるケーブルレス振動計!

SU100

データマークSU100は、筐体内に加速度センサ、測定部、無線LANを内蔵したコンパクトな振動計です。センサには±1.5Gの静電容量式加速度計を採用し、高い精度の振動観測が可能で、多点観測や構造ヘルスモニタリングに適します。わずらわしいケーブルの配線がなく、電源を投入するだけですぐに測定を始められます。

特長

無線LAN(IEEE802.11b)によるデータ伝送

無線LANの国際標準規格IEEE802.11bに準拠しているので、これに対応したお手持ちのノートパソコンなどで簡単にデータを受信することができます。

測定データを受信側で保存

無線LANにより伝送された測定データは、受信したパソコン側で一定時間ごとにファイルとして自動的に保存されます。データ回収のための煩わしい操作などはいっさいありません。

Webブラウザによる簡単設定

設定はWebブラウザを用いて簡単に行えます。

バッテリによる連続測定

内蔵単2アルカリ乾電池4本のみで、10時間の連続測定ができます。また外部電源として、市販の車載用バッテリも使用可能ですので、電源が確保できない状況でも安心です。

±1.5G加速度計3チャンネル内蔵

半導体センサとしては高感度な、±1.5Gの加速度計3チャンネルを内蔵しており、1台のみで3成分の測定が可能です。

24bit デルタシグマ型A/Dコンバータ搭載

24bit デルタシグマ型 A/Dコンバータを搭載しており、高精度のデータが得られます(分解能は裏面の仕様を参照ください)。

ブロードキャスト信号による時刻同期

データを受信するパソコンからブロードキャスト信号を送信して、同一ネットワーク内で動作する複数のSU100の時刻同期*をとることができます。
*測定タイミングの調整は行わず、誤差情報を記録。

主な仕様

項目 仕様
センサ部 加速度計 静電容量式
周波数範囲 0.1~50Hz
チャンネル数 3チャンネル(水平2成分、鉛直1成分)
測定レンジ ±1.5G
センサ出力感度 100mV/G
測定部 AD変換 24bit⊿Σ型、実効18bit、サンプリング 100Hz
チャンネル数 3チャンネル
無線LAN部 準拠規格 IEEE802.11b
伝送方式 DS-SS方式単信(半二重)
データ伝送速度 1、2、 5.5、11Mbps
アクセス方式 アドホックモード、インフラストラクチャモードより選択
受信パソコン用ソフトウェア 動作環境: Windows2000、XP
機能: 測定データ受信および表示、
     データファイル生成(テキスト形式5分ファイル)、
     同期パケット送出、
     同期情報のログ保存、
     SU100の状態表示
電源 単2アルカリ乾電池4本、外部電源端子付き(DC12V)
動作温度 0~+55℃
寸法・重量 147×125×75㎜、約850g(乾電池内蔵時)

標準付属品

CD-ROM(ユーザーズマニュアルおよび受信パソコン用ソフトウェア入り)、単2アルカリ乾電池4本、設置用取り付け足4個、保証書

システム構成例

インフラストラクチャモードによる既存ネットワークへの接続例

su100_system.gif
※図は概要を示すもので、多くの必要な機器が省略されて描かれています。

ご注意

無線LAN伝送距離
11Mbps :屋外50m(見通し)、 屋内40m(障害物少ない)
2Mbps :屋外150m(見通し)、屋内80m(障害物少ない)
※ 伝送距離は環境により異なりますので、目安としてお考えください。

参考資料

d_CAT_SU100_070718.pdfSU100製品カタログ

↑ Top of Page


ページリスト


Q&A