パンくずリスト


製品情報 - 計測機器

RM300 | 400MHz帯無線機

◆◆◆2010年10月販売を終了◆◆◆

低消費電力を実現した、400MHz帯GMSK方式小型無線機

RM300

データマークRM300は、GMSK変調・復調方式を採用した400MHz帯無線機です。RM300T型無線送信機とRM300R型無線受信機で構成されます。小型で場所を取らず、また、低消費電力設計で、バッテリ駆動のシステムに最適です。弊社テレメータ用製品との接続で、有線回線を利用できない観測点でもリアルタイムデータ伝送システムが構築できます。

特長

小型・低消費

GMSK変調・復調のチップを選択することで、小型化・低消費を実現しました。置き場所を取らないため観測点での収納スペースも小さくて済み、観測点設置時の運搬も楽になります。また、50mW送信時の消費電流は約150mA以下と低消費であるため、送信側となる観測点の電源事情が悪い場合でも、バッテリ駆動のシステム構築を容易にします。

設定が簡単で設置が容易

本製品は移動局タイプと固定局タイプの2種類を用意しました。
移動局タイプは通信チャネルを21波から任意に設定可能、また固定局タイプは通信設定を行う必要がなく、機器を接続するだけで通信ができ、設置が容易に行えます。また、固定局としての利用では、最大50KHzの帯域に対して最大56Kbpsでのデータ伝送が可能で、高精度な計測データをフルに伝送させることができます。

データマークシリーズ製品との接続に最適

弊社テレメータ用製品、データマークLS-8000SH、LS-7000LS-7000XT、LT8500と接続することで、有線回線を利用できない観測点でもリアルタイムデータ伝送システムの構築が可能です。

主な仕様

送信機RM300T
項目 仕様
送信周波数 400MHz帯の1波
移動局:21チャネルのうち任意の1波に設定可
固定局:指定の1波
通信方式 非同期通信方式:RS-232C
同期通信方式:RS-422
アンテナ接栓 TNC接栓(50Ω)
送信電力 10mW~1Wに対応可能(出荷時固定)
占有帯域幅 8Kbps以下は8.5KHz以内、
8Kbpsを超える場合ビットレートの86%以下
スプリアス輻射 2.5μW以下
モニタ 指定送信電力を100%としてメータ表示
変調方式 GMSK方式
隣接チャネル漏洩電力 8Kbps以下12.5KHz
通信インターフェース RS-232C、RS-422
無線区間伝送レート 8Kbps、19.2Kbps、38.4Kbps、56Kbps(出荷時固定)
外部I/F伝送レート *別表(伝送レート対応表)参照
消費電流 150mA以下 (50mW送信時)
電源 DC12V(バッテリ駆動可能)
動作温度 -10~+50℃(結露無きこと)
寸法・重量 125×155×55mm(突起部除く)、約1.8Kg
受信機RM300R
項目 仕様
受信帯域幅 伝送レートに対応
受信周波数 400MHz帯の1波
移動局:21チャネルのうち任意の1波に設定可
固定局:指定の1波(送信側に対応)
通信方式 非同期通信方式:RS-232C
同期通信方式:RS-422
アンテナ接栓 TNC接栓(50Ω)
最低受信レベル 56Kbps受信時27dBμ以下
モニタ 受信感度-50dBmを100%としてメータ表示
復調器 GMSK適合復調器
通信インターフェース RS-232C、RS-422
無線区間伝送レート 8Kbps、19.2Kbps、38.4Kbps、56Kbps(出荷時固定)
外部I/F伝送レート *別表(伝送レート対応表)参照
消費電流 130mA以下
電源 DC12V(ACアダプタでAC100V駆動可能)
動作温度 -10~+50℃(結露無きこと)
寸法・重量
125×155×55mm(突起部除く)、約1.8Kg
伝送レート対応表
外部I/F伝送レートは、無線区間伝送レートに対応し、以下となります。
無線区間伝送レート 8Kbps 19.2Kbps 38.4Kbps 56Kbps
外部I/F伝送レート RS-232C 9.6Kbps 19.2Kbps 38.4Kbps 57.6Kbps
RS-422 8Kbps 19.2Kbps 38.4Kbps 56Kbps

標準付属品

ACアダプタ×2、電源ケーブル×2、ユーザーズマニュアル×2冊、予備ヒューズ×2ケ、技術基準適合認定申請書、保証書

システム構成例

com_gazo1.gif
※図は概要を示すもので、多くの必要な機器が省略されて描かれています。

●伝送容量

移動局の例) 8Kbpsの帯域制限があるため、データを100Hzサンプリングで伝送したい場合は、チャンネル数を3チャンネルとします。
固定局の例) 帯域を申請すれば6チャンネルを100Hzでサンプリングしても24ビット分解能でフルに伝送できます。(伝送レート:19.2Kbps)

●伝送距離

無線伝送については事前に電波実測することをお勧めしますが、明らかに見通しで距離が回線設計上の値より小さい場合には不要です。但し、受信機受信レベルは30dBμ以上での使用を推奨します。(例:50mW時 約20Km、1W時 約54Km *アンテナは八木5素子で計算)

▼注意

* 無線局開局にあたっては、免許が必要です。弊社にて代行可能です。ご相談ください。
移動局の場合) 技術基準適合認定を取得済みですので、文書による申請となります。
固定局の場合) 所定の申請書類のほか、現地での電波検査を受検する必要があります。
また、定期的(5年)に免許更新手続きが必要となります。(固定局の場合は現地での検査も必要です)
移動局申請費用、固定局申請及び落成検査費用は別途となります。
* 送信電力、伝送レートは、出荷時固定となります。ご注文の際にご指定ください。(固定局の場合は、周波数も固定となります。)

参考資料

d_CAT_RM300_070705.pdfRM300製品カタログ

↑ Top of Page


ページリスト