パンくずリスト


製品情報 - 計測機器

LZ8100 | LS-8000WD連続観測装置

◆◆◆2009年 1月販売を終了◆◆◆

電源コントローラまでをコンパクトに収納、地震・火山の機動観測に最適!!

LZ8100

データマークLZ8100は、データマーク LS-8000WD連続観測のデータをリムーバブルなハードディスクに記録する装置です。データマークHS8100は、LS-8000WDをお持ちの方のためのパーツセットです。コンパクトな防水ケースに電源コントローラまで収納されており、地震や火山の機動観測に最適です。


特長


微動から強震までを連続観測

計測処理にデータマークLS-8000WDを採用しています。24ビットA/Dを使用し、微動から強震までを1つのレンジで測定することができます。観測データは、連続して記録されます。リムーバブルなカセット式のハードディスクですので、交換することでさらに長期間の観測を可能にします。


GPSによる時刻校正

GPS衛星からの信号をキャッチし、0.1m秒精度での時刻校正が可能です。


観測点設置に配慮した電源仕様

DC12V,DC6Vの電源から直接入力が可能です。電源コントローラを内蔵しており、ソーラーパネルを用いたシステムも手軽に構築できます。


データフォーマット

データはWIN*フォーマット準拠の10分ファイルで格納されます。


*: WINは東京大学地震研究所で開発されたリアルタイム多チャンネル計測システム

主な仕様

項目 仕様
チャンネル数 3チャンネル(差動入力)
入力レンジ ±2.5V,±10V(±0.5V,±2.5V*1
アナログフィルタ 30Hz
分解能 24ビット(精度は50Hzサンプリング時20ビット以上)
記録容量 2GB(ハードディスクカセット)
サンプリング 1、2、5、10、20、25、50、100、200Hzより選択
時刻校正 GPSによる時刻校正
GPS信号非受信時の時刻精度は動作温度範囲内で1ppm以下
電源 外部電源入力DC6V~12V(電源コントローラ内蔵)
消費電流 スリープ時:1mA以下
測定中:100mA
GPSによる時刻校正動作+測定中:180mA
データフォーマット WINフォーマット準拠の10分ファイル
動作温度 +5~+55℃(結露無きこと)
寸法 300×300×110mm(突起部除く)

*1:LZ8100の標準は±2.5V,±10V となります。HS8100(観測キット)の場合は、お持ちになっているデータマークLS-8000WDの仕様によります。

機器構成および標準付属品

A/D変換部 データマーク<LS-8000WD>(連続観測用ファームウェア<FW8001W>搭載)
防水保護ケース 防水性:IP66相当<CA8100>
ハードディスクカセット記録装置 ケース内に収納(LS-8000WD用ファームウェア搭載)<HR-8300>
ハードディスクカセット ハードディスクカセット記録装置用記録メディア、容量:2GB<HD212>
電源コントローラ ケース内に収納<PS100>
GPSアンテナ ヘリカル型アンテナ(固定金具含まず)<GP200>
GPSアンテナ接続ロッド φ25×480mm(接続状態の露出部の長さ460mm)、ステンレス製<GL048>
GPSアンテナケーブル 10m<GK131>
その他付属品 電源ケーブル、PS100用ACアダプタ、連続観測用ファームウェア、ユーザーズマニュアル、保証書

システム構成例

lz8100_jirei.gif

※図は概要を示すもので、多くの必要な機器が省略されて描かれています。

↑ Top of Page


ページリスト