パンくずリスト


製品情報 - 計測機器

LZ8000 | LS-8000SH連続観測装置

◆◆◆2009年 1月販売を終了◆◆◆

トリガ観測データのダイアルアップ回収など、5つの観測手法に対応!

LZ8000

データマークLZ8000は、データマーク LS-8000SHの観測データをリムーバブルなハードディスクに記録する装置です。データマークHS8000は、LS-8000SHをお持ちの方のためのパーツセットです。コンパクトな防水ケースに収納されており、地震や火山の連続観測やトリガ観測、ダイアルアップへの対応など、観測手法に合わせた動作が可能です。

特長

GPSによる時刻校正
計測処理にデータマークLS-8000SHを採用しています。GPSを利用して、すべての計測データが世界標準時(UTC)に高精度で同期します。アルマナック(衛星軌道情報)も週に一度、自動で取得します。
選べる観測手法
すべてのデータをハードディスクに記録する連続観測や地震発生時のみデータをハードディスクに記録するトリガ観測、ホスト側からのダイアルアップ接続でのデータ回収が前提の連続観測とトリガ観測、テレメータ動作、計5つの観測手法に対応可能です。
長期観測を実現
ハードディスクに長期間の記録ができます。たとえば100Hzサンプリングで連続観測の場合でも、1ヵ月以上のデータを記録することが可能です。
12Vバッテリに対応
電源としてDC12Vバッテリを使用できます。

主な仕様

項目 仕様
チャンネル数 4チャンネル(差動入力)
サンプリング 20、50、100、200Hzより選択
ゲイン ±2.5Vの入力範囲に対して2、10、30、100、300、900倍より選択
A/Dコンバータ 分解能:16ビット(精度:14ビット)
記録容量 2GB(ハードディスクカセット)
時刻校正 GPSによる時刻校正
GPS信号非受信時の時刻精度は動作温度範囲内で1ppm以下
データフォーマット WIN*フォーマット
電源 外部電源入力DC12V
消費電流 測定時:100mA、GPSによる時刻校正動作+測定時:240mA
動作温度 +5~+50℃(結露無きこと)
寸法 300×300×110mm(突起部除く)

* :WINは東京大学地震研究所で開発されたリアルタイム多チャンネル計測システム。

機器構成および標準付属品

A/D変換部 データマーク<LS-8000SH>(テレメータ用ファームウェア<FW8001W>搭載、メモリ4MB)
防水保護ケース 防水性:IP66相当<CA8100>
ハードディスクカセット記録装置 ケース内に収納(LS-8000SH用ファームウェア搭載)<HR-8300>
ハードディスクカセット ハードディスクカセット記録装置用記録メディア、容量:2GB<HD212>
DC/DCコンバータ ケース内に収納<PC100>
GPSアンテナ ヘリカル型アンテナ(固定金具含まず)<GP200>
GPSアンテナ接続ロッド φ25×480mm(接続状態の露出部の長さ460mm)、ステンレス製<GL048>
GPSアンテナケーブル 10m<GK131>
その他付属品 電源ケーブル、テレメータ用ファームウェア、テレメータ用ファームウェアユーザーズマニュアル、 保証書(シャント抵抗ボード、データマークLS-8000SHユーザーズマニュアル)
※カッコ内はHS8000には付属しません。

システム構成例

lz8000_jirei.gif

※図は概要を示すもので、多くの必要な機器が省略されて描かれています。

↑ Top of Page


ページリスト