パンくずリスト


製品情報 - 計測機器

LZ2010 | 水位測定データロガー

◆◆◆2009年 1月販売を終了◆◆◆

センサとデータロガーがワンセットになった水位測定データロガー

LZ2010

データマークLZ2010は、水位センサ(豊田工機製)とデータの記録部であるデータロガーがワンセットになった水位測定データロガーです。センサ、ロガーとも、ロガーに内蔵された乾電池で駆動します。商用電源の取れないような場所でも、これ1台で水位測定が行えます。

特長

センサの設定不要
センサとロガーの接続はワンタッチです。センサの細かい設定は一切必要ありません。
乾電池駆動・低消費電力設計
商用電源を利用できない場所での使用を想定した設計となっています。単3アルカリ乾電池4本の使用で、10分に1回の測定なら約2ヶ月間動作します(常温時)。センサへの電源供給もロガー内部の電池から行ないます。
軽量・コンパクト
ロガー部の外形寸法は147×100×37㎜、重量は290gと小さく、設置場所を選びません。携帯にも便利なコンパクトな設計です。
通信機能
RS-232Cによる通信機能を持っています。パーソナルコンピュータですべての動作を制御できます。
データマークLZ2010の動作条件設定からリアルタイムモニター、データ回収、グラフ表示まで全ての動作を簡単な操作で行なえます。
日報・月報処理
報告書作りに便利な日報・月報をExcelファイル(*.xls)として出力します。
※コントロールソフトウェア データマークアシストSR2051(別売)と、パーソナルコンピュータとの専用通信ケーブル(別売)が必要になります。

主な仕様

センサ部
項目 仕様
用途 淡水用、一般汚水用
測定範囲 センサケーブル長15m:0~3m
センサケーブル長30m:0~10m
精度 ±1.0%F.S
過負荷 500%F.S
材質 本体:SUS316L
ケーブル:EPゴムシース
保護カバー:ポリプロピレン
センサケーブル長 15mまたは30m
保存温度 -10~+60℃
動作温度 0~+50℃
寸法・重量 φ30×115mm、本体:150g、ケーブル:80g/m
データロガー部
項目 仕様
記録データ数*1 61,000データ
記録インターバル 1、2、3、5、10、15、20、30秒
1、2、3、5、10、15、20、30分
1、2、3、6、12、24時間
時刻データ ON:データ毎の測定時刻(月日時分)を書き込む
OFF:先頭値と最終値のみを記録(計算による時刻を表示可能)
メモリスクロール ON:メモリ空き容量が無くなると古いデータ上書
OFF:メモリ空き容量が無くなると自動停止
統計測定 記録インターバル間の最大、最小、平均値を記録
通信インターフェース RS-232C
通信速度 1200、2400、4800、9600bps
基準時計部 時刻精度:±20ppm(25℃Typical)
動作温度 -10~+60℃(結露無きこと)
寸法・重量 147×100×37mm(突起部除く)、約290g(乾電池除く)
電源*2 単3アルカリ乾電池4本、外部電源端子付き(DC6V)

*1 :例えば10分に1回の測定で時刻データも記録した場合、211日程でメモリがいっぱいになります。
*2 :内蔵アルカリ乾電池のみの場合、10分に1回の測定で約2ヶ月間動作します(常温時)。 さらに長期間の測定には外部電源(商用電源が無い場所では別売のリチウム電池ボックス BB300)との併用をお勧めします。

標準付属品

単3アルカリ乾電池4本、LZ2010ハードウェアマニュアル、水位計取扱説明書、データマークLS-2000ユーザーズマニュアル、保証書

↑ Top of Page


ページリスト