パンくずリスト


製品情報 - 計測機器

LU102_SU102 | 有線LAN地震計

◆◆◆2010年11月販売を終了◆◆◆

LANケーブルで電源も供給。簡便で安価な地震計。

LU102_SU102

データマークLU102/SU102はLAN接続の地震計です。A/Dコンバータ内蔵のセンサ部SU102と記録部LU102から構成され、1台の記録部に対して最大10台のセンサ部を接続することができます。また、センサ部と記録部の電源はPoE※にて供給されるので、設置を簡便に行うことができます。

特長

ネットワークに直結

LU102/SU102は、イーサネットインターフェイスの採用により直接LAN接続が可能です。

LANケーブル1本で電源も供給

PoE*の受電機能によりセンサ部SU102と記録部LU102はLANケーブル1本で電源の供給も行えます。電源工事が不要になるため、わずらわしい設置作業もスムーズに行えます。

カスケード接続も可能

接続ケーブル長は最大100mまで。4台までのカスケード接続が可能ですので、全長800mに及ぶ計測が、LANケーブルの接続のみで実現します。(環境によっては実現できないことがあります。)

高性能で低価格を実現

強震観測用途に使用可能な高性能地震観測システム一式(センサ部2台、PoE HUB、記録部)を低価格で実現しました。

接続方法

主な仕様

センサ部 SU102
センサ 静電容量式加速度センサ
周波数範囲 0.1~50Hz
チャンネル数 3チャンネル(水平2成分、鉛直1成分)
A/Dコンバータ デルタシグマ型 24ビットA/Dコンバータ
測定レンジ ±1.5G
測定インターバル 100Hz
分解能 5.72×10-3 Gal/digit(水平/鉛直)
通信インターフェイス 100BASE-TX ×2適合コネクタ:RJ45コネクタ適合ケーブル:Ethernet UTPカテゴリ5ケーブル (最大100m)
電 源 PoE給電対応スイッチによる電源供給IEEE802.3af Power over Ethernet規格の給電側に準拠するもの、給電タイプB(予備線による給電)を推奨
消費電力 単体動作時2.5W カスケード接続時3.5W
動作環境 温度 -10~+50℃
湿度 20~80%Rh (結露なきこと)
寸 法・重 量 140×140×58mm、約650g
防水性 なし
記録部 LU102
センサ部接続台数 最大10台
トリガ トリガセンサ台数 最大10台
トリガ論理 センサ間OR/AND選択、センサ内OR
プリトリガ時間 1~99秒
ポストトリガ時間 1~99秒
トリガレベル 0~980gal, 1gal単位
トリガデータ記録容量 標準512Mbyte 最大2Gbyte(内蔵不揮発性メモリ)
サービスプロトコル HTTP・FTP・NTP
消費電力 10W
動作環境 温度 5~50℃(PoE受電時)
*ACアダプタ使用時:5~37℃
湿度 20~80%Rh (結露なきこと)
寸 法・重 量 102×230×33mm、約500g
防水性 なし

※推奨PoE HUB
 BUFFALO社製 BS-POE-2008MR(給電タイプB)

※計測データの時刻同期のためにNTPサーバが必要です。

標準セット

以下の構成の標準セットを販売しています。

センサ部(SU102)2台、記録部(LU102)、PoE HUB(BUFFALO社製BS-POE-2008MR)、CD-R 1枚(ユーザーズマニュアル)、保証書
※上記セットにLANケーブルは含まれません。

システム構成例

構成例
※図は概要を示すもので、多くの必要な機器が省略されて描かれています。

*:PoE(Power over Ethernet)
Ethernetの配線ケーブル(カテゴリ5以上のツイストペアケーブル)を利用して電力を供給する技術(IEEE 802.3af 規格)。Ethernet対応機器を電源の取りにくい場所に置く場合などに使う。

導入実績

顧客: 大学関係、電力関係、ゼネコン関係、コンサル関係

計測システム: 建物モニタリング、地すべり観測システムの一部、建物強震観測など

見込まれる用途

緊急地震速報/計測地震防災、橋梁観測システム、建物震度表示システムなど

参考資料

d_CAT_LU102SU102_070420.pdfLU102_SU102製品カタログ

イー・モバイルを利用した観測点への接続方法の紹介pdf

↑ Top of Page


ページリスト


関連ソフト

製品アップデート

Q&A