パンくずリスト


製品情報 - 計測機器

LS-3350 | 長期環境計測データロガー

◆◆◆2013年 5月販売を終了◆◆◆

標準偏差も記録可能。多機能&低価格で幅広い用途に対応!!

LS-3350

データマークLS-3350は、超音波風速計に対応した標準偏差の記録も行える、長期環境計測データロガーです。
GPS同期型高精度刻時装置データマークLS-20Kと組み合わせることも可能で、時刻精度の高い計測が実現できます。ATコマンド出力によるモデム設定、積算器へのリセット信号出力など、機能満載のデータロガーです。

特長

統計モード"標準偏差"

通常は記録インターバルごとの"瞬時値"を記録します。統計モードを使うと、インターバルの間を細かく計測し、最大・最小・平均値を記録します。さらに、標準偏差も計算でき、超音波風速計の計測等も行えます。

高速シリアル通信に対応

弊社従来機種に比べ、通信速度を38,400bps、57,600bpsまで対応できるよう機能アップ。データ回収の時間が大幅に短縮できます。

時刻校正機能

GPS同期型高精度刻時装置データマークLS-20K(別売)と組み合わせて使用することで、時刻精度の高い計測が可能です。

測定レンジ±5V、±10V対応

標準での±2V、±100mVに加えて、アッテネータケーブル(別売)を使用することにより、±5Vおよび±10Vの計測も行えます。

観測点での容易な設置

LS-3350本体からのキー操作により、あらかじめ登録されたATコマンド出力が行えます。この機能により、現場でモデムの設定を行えるため、システムの設置がより容易に行えます。

高ダイナミックレンジ"2V20"

±2Vレンジは分解能16ビットですが、同じ±2V入力の"2V20"を選択することで分解能20ビットでの測定となり、より小さな変動の記録が可能です。

測定終了時のリセット信号出力

この機能により、リセットコントローラなしで、積算タイプのセンサおよび変換器を直接ロガー本体に接続し、計測を行えるようになります。

幅広い用途

気象観測(温度、湿度、風向、風速、雨量、日射、etc)や、地盤の沈下、建物の傾斜など、幅広い用途で活躍します。
* 計測対象によっては、変換器が必要となる場合があります。

主な仕様

項目 仕様
チャンネル数 アナログ入力:8チャンネル(温度、電圧混在可)
パルス入力: 1チャンネル(雨量計等)
アナログ入力
()内は分解能
温度:Pt、JPt3線式白金測温体
  -100.0~+200.0℃(0.1℃)
直流電圧:
  ±100mV:-125.00~+125.00mV(0.01mV)
  ±2V: -1.9999~+1.9999V(0.1mV)
レンジ選択で、以下の測定も可能です。
  ±2V20:-1.99999~+1.99999V(0.01mV)
  ±5V:-4.9995~+4.9995V(0.25mV)
  ±10V:-9.999~+9.999V(0.5mV)
*但し±5V、±10Vは専用アッテネータケーブル(別売)を使用
入力インピーダンス 測定時:1MΩ以上  スリープ時:50kΩ以上
パルス入力 65,000カウント/記録インターバル
TTLレベルおよび無電圧接点 最大100Hz
測定確度
(常温時)
温度:±(0.5%ofreading+0.4℃)
±100mVレンジ:±(0.8%ofreading+8digit)
±2Vレンジ:±(0.08%ofreading+1digit)
±2V20レンジ:±(0.8%ofreading+8digit)*1
±5Vレンジ:±(1%ofreading+1digit)
±10Vレンジ:±(1%ofreading+1digit)
記録データ数
      
約84万データ(2MBタイプ)[メモリ記録可能日数]
約1000万データ(20MBタイプ)
記録インターバル 0.1、0.2*2、0.5、1、2、3、5、10、15、20、30秒
1、2、3、5、10、15、20、30分
1、2、3、6、12、24時間
測定スタート方法 キースタート、またはカレンダー予約による自動スタート
メモリースクロール ON:メモリ空き容量が無くなると古いデータを上書き
OFF:メモリ空き容量が無くなると自動停止
リレー出力
(アラーム、プレヒート)
接点許容電圧/電流  DC30V / 1A 以下
接点接触抵抗 50mΩ以下
接点寿命 50万回以上(定格負荷 DC30V / 1A において)
マスター・スレーブ 複数台並列運転可、9チャンネル以上の同時記録が可能(マスター/スレーブ設定)
統計測定 記録インターバル間の最大、最小、平均値
記録インターバル間の標準偏差
(測定インターバルは記録インターバル以下を指定)
時刻校正 ±0.5sec(データマークLS-20K(別売)接続時かつGPS捕捉時)
基準時計部 時刻精度:±10ppm(25℃Typical)
動作温度 -10~+50℃(結露無きこと)
消費電流 測定時:70mA(指定された時間のみ計測回路を起動)
スリープ時:60μA
電源 単2アルカリ乾電池4本タイプ、または
リチウム電池パック(6V,8Ah)タイプ(タイプは出荷時固定)
ともに、外部電源端子付き(DC6V)
寸法・重量 260×149×40mm(突起部除く)、約800g(乾電池除く)
<出力・通信インターフェース>
アラーム出力*3 ch1に設定された上限、下限値を超えた時にアラーム信号を出力(リレーをON)
リセット出力*3 測定終了時にリセット信号を出力(リレーをON)
プレヒート機能 計測タイミングにあわせ、指定時間だけプレヒートリレーをON
通信インターフェース RS-232C*4、時刻校正用I/F(データマークLS-20K用)
通信速度 1200、2400、4800、9600、19200、38400、57600bps
ATコマンド データマークアシスト(別売)から100byteまで登録可能
モニタ表示 接続センサのリアルタイム測定と表示
データ表示 記録データの表示
データ出力形式 バイナリまたはアスキー
<タイプ>
LS-3350-A2 アルカリ電池、メモリ2MB
LS-3350-A20 アルカリ電池、メモリ20MBタイプ
LS-3350-L2 リチウム電池、メモリ2MBタイプ
LS-3350-L20 リチウム電池、メモリ20MBタイプ
  ※ 2MBから20MBへの増設メモリ( LM320 )もあります。

*1 :2V20レンジを使用する場合は、他のレンジと比較して記録データ数は約1/2になります。

*2 :0.1、0.2秒の設定には使用チャンネルの制限があります。

*3 :アラーム/リセット出力は、計測時、いずれかを選択する必要があります。

*4 :パーソナルコンピュータとの接続には、専用通信ケーブル(別売)が必要です。

標準付属品

ユーザーズマニュアル、保証書、リチウム電池パックBT300(リチウム電池タイプのみ、本体装着済み)、単2アルカリ乾電池4本(アルカリ電池タイプのみ)

システム構成例

ls3350_system.gif
※図は概要を示すもので、多くの必要な機器が省略されて描かれています。

↑ Top of Page


ページリスト


関連ソフト

マニュアル

Q&A