白山オフィシャルサイトへ

用語集

地震・火山観測/防災関連



すべての説明を表示


マグニチュード

地震の規模を表す指標のこと。6.2章を参照。
地震学的にはモーメントマグニチュードが良く使われる。日本では気象庁が発表する気象庁マグニチュードが良く耳にするかも知れない。

[執筆:Y.H]

↑ Top of Page


メカニズム解

発震機構解とも言う。地震情報の絵でよく見られる、白黒のビーチボール型の図。地震を観測した観測点における初動の押し引きの分布を球面に投影したもの。白い部分が初動の「引き」、黒い部分が初動の「押し」の領域。この「押し引き」は断層運動において、押される方向を「押し」と言う。

メカニズム解

[執筆:Y.H]

↑ Top of Page




もくじ