白山からのお知らせ


2015年02月24日

LS-8800ファームウェアバージョンアップのお知らせ

LS-8800

LS-8800ファームウェア(Ver.2.40)では以下の部品変更に伴うファームウェア修正、ならびに機能変更、不具合が修正されています。

今回のファームウェア変更は、2015年2月20日以前に出荷された全製品が対象となります。

詳細はこちらをご確認ください --> LS-8800_FW_20150224.pdf

マニュアル第4版をご確認ください --> マニュアルダウンロードページ


変更点

◇部品変更に伴うファームウェア修正

現在搭載されているGPSモジュールの生産終了のため、今後の生産品は新型のGPSモジュールが搭載されます。今回のファームウェアより新旧のGPSモジュールに対応したファームウェアへ修正されました。

注)アルマナックファイルのアップロード利用には一部制限があります。

  • 旧GPSモジュール → 新GPSモジュール アルマナックファイル利用可能
  • 新GPSモジュール → 旧GPSモジュール アルマナックファイル利用不可

◇機能変更

OPTIONポートを使用したリアルタイム波形出力の自動開始機能を追加しました。
リアルタイム波形の出力設定をFIXに設定にすると、測定開始時に自動でリアルタイム波形出力されるように変更しました。

この変更によりボタン操作を行わずにリアルタイム波形をPC上で確認することができます。

#リアルタイム出力方法はマニュアル第4版 P.47にてご確認ください。


◇修正事項

  • 1. OPTIONポートから出力されるリアルタイム波形データがうるう秒に対応していない不具合が修正されています。  (発生F/W: Ver2.30)
  • 2. 設定により測位のログ(POSITION.LOG)が正常に記録動作しない不具合が修正されております。   (発生F/W: Ver2.30 )

◇その他

  • ・通信ユニットTP-8800併用時に関わるプログラムの修正
     ※詳細はTP-8800のファームウェア情報をご参照ください。
  • ・ユーザーズマニュアルの軽微な修正 第4版

バージョン

ファームウェア
Ver.2.40Firm Version : 3076
 FPGA Version : 2716
I/O Version : 3017
Bootloader Version : 2998

⇒ LS-8800アップデートページ


本件に関するお問い合せ先

問い合わせフォーム をご利用ください。


↑ Top of Page