白山からのお知らせ


2013年11月11日

TP-8800 ファームウェアバージョンアップのお知らせ

TP-8800

TP-8800ファームウェア(Ver.1.14)では機能変更ならびに不具合が修正されています。今回のファームウェア変更は、2013年10月15日以前に出荷された全製品が対象となります。

新たに追加された機能は、
『ACT退避バッファに貯められたデータをクリアする機能』の1項目です。


詳細はこちらをご確認ください --> TP-8800_FW_20131111.pdf

マニュアル初版はこちらをご確認ください --> マニュアルダウンロードページ
  ※第2版は作成中です。

アップデート方法はこちらをご覧ください。
 --> Firmware_Update_Procedure_TP8800.pdf


変更点

◇機能追加

  • ・ACT退避バッファに貯められたデータをクリアする機能

◇機能変更

  • ・観測中に動作設定を変更できるように変更
  • ・設定ステータス(A8)・動作ステータス(A9)の情報内容が変更
  • ・Web リアルタイム情報画面の一部の表示が変更
  • ・Web 動作設定変更画面の設定ステータス(A8)・動作ステータス(A9)送信間隔設定項目をデータ伝送タブへ移動

◇不具合対応

  • ・LS-8800と接続して電源低下から復電した時にデータ送信が再開されない問題を修正
  • ・ACTの未送信データが本体に残っている状態で設定変更すると未送信データが出力されないことがある問題を修正
  • ・ステータスパケット(A8)、(A9)を受信しても設定したチャンネルIDに保存されない問題を修正

バージョン

Ver.1.14


ダウンロード

⇒ TP-8800アップデートページ


上記に関するお問合わせ先

問い合わせフォーム をご利用ください。


↑ Top of Page