白山からのお知らせ


2013年11月11日

LS-8800 ファームウェアバージョンアップのお知らせ

LS-8800

LS-8800ファームウェア(Ver.2.30)では以下の機能変更ならびに不具合が修正されています。合わせて関連ツールもリリースされました。

今回のファームウェア変更は、2013年10月15日以前に出荷された全製品が対象となります。

詳細はこちらをご確認ください --> LS-8800_FW_20131111.pdf

マニュアル第3版をご確認ください --> マニュアルダウンロードページ


変更点

◇機能変更

  • ・アルマナックの有効期限を30日に変更
  • ・間欠時刻校正で測位設定連続の場合、時刻校正毎に測位するように変更
  • ・時刻校正ログに電源電圧と衛星捕捉情報を追加した書式に変更

◇不具合対応

  • ・時刻誤差を6秒誤認する問題を修正
    時刻誤差を6秒誤認の詳細報告の詳細 --> misconception_of_time_LS8800.pdf
  • ・TP-8800併用時、シリアル経由の波形出力のデータが頻繁に途切れる問題を修正
  • ・リアルタイムで出力する波形データのタイムスタンプが1秒ずれる問題を修正
  • ・電源投入しても自動測定しないことがある問題を修正
  • ・電源電圧が測定終止電圧以下になると、LCDが点灯、消灯を繰り返す問題を修正
  • ・毎秒時刻校正設定で測定時、時刻誤差が大きくなると時刻校正が収束しない問題を修正

◇ツール修正

  • ・LS-8800 Configuration Toolの修正
    ACTを選択した場合のメモリバッファサイズ設定(伝送2)を修正

ご不明な点は弊社サポートまでお問合せください。


バージョン

ファームウェア
Ver.2.30Firm Version : 3052
 FPGA Version : 2716
I/O Version : 3017
Bootloader Version : 2998
ツール
LS-8800 Configuration Tool : Ver2.02

ダウンロード

⇒ LS-8800アップデートページ


上記に関するお問合わせ先

問い合わせフォーム をご利用ください。


↑ Top of Page