白山からのお知らせ


2013年02月19日

データマーク製品 GPS 受信機内部のロールオーバーのお知らせ (2013年7月1日更新)

平素は弊社製品をご愛用いただき、誠にありがとうございます。


GPS受信機を搭載した一部の製品において、ある日時を迎えると受信機内部の日付が1993年12月26日まで戻ってしまう『GPS受信機内部のロールオーバー』を発生させる問題が確認されています。

このGPS受信機内部のロールオーバーは、2013年8月11日に発生します。
受信機は2013/8/10までは正しく動作しますが、日付が変わると1993/12/26に戻ってしまいます。


この問題に対して、現象が発生する機器のうち3機種に対し下記の回避対応を実施いたします。
現象が発生するこの他の機器は回避対応が困難であるため実施いたしません。

GPSモジュールを搭載した製品情報の確認は別表をご参照ください。




対応機器

①LT8500  ②LS-8000SH  ③LS-20K(一部の対象機器)


回避対応内容
  • ① LT8500 GPSモジュール入替えキットの販売 << 有償対応 >>
    『GPS受信機内部のロールオーバー』が発生しないGPS モジュールを入替え用変換基板を含めたキットとしてご提供いたします。
  • ② LS-8000SH 『GPS受信機内部のロールオーバー』に対応したファームウェアを無償でご提供いたします。 << 無償対応 >>

    ※このファームウェアは、『GPS 受信機内部のロールオーバー』問題用に変更しましたが 2013/08/11 以降のご使用でこれまでと同様の動作を保証したファームウェアではございません。ロールオーバー発生後は十分に動作をご確認の上、ご利用ください。

    ファームウェアはWeb からダウンロード --(7月1日更新)--> LS-8000SH
  • ③ LS-20K 交換対応が可能な機器 << 有償対応 >>
    影響がある機器のシリアル番号は下記となります。
    ※すでに交換されて対応済の機器には、緑丸シールが貼られています。
    不明な場合は弊社までご連絡ください。シリアル番号より確認します。
    関連機器:TU140、TU150、JU170、TU170 についてもご連絡ください。

    LS-20K 対象シリアル番号
    S/N 9601001 ~ S/N 9906014
    S/N 0007001 ~ S/N 0419020



別表.2013/8/13 GPS受信機内部ロールオーバーの影響 (製品別)

  • × : 影響があります。ファームウェア、ハードウェアでの対応は致しかねます。
  • △ : 影響がありますが、対応したGPS モジュールやファームウェアにより回避が可能です。
    ※ マーク付:この問題に対応したGPS モジュールが搭載されている機器については影響はありません。
  • ○ : 影響はありません。
製品名 2013/8/10 までの動作 2013/8/11 からの動作
LS-8000WD ×
LS-5020 ×
LS-10K ×
LT8500
LS-8000SH
LS-20K △ ※
TU140(LS-20K 内蔵) △ ※
TU150(LS-20K 内蔵) △ ※
JU170(LS-20K 内蔵) △ ※
TU170(LS-20K 内蔵) △ ※
LS-8800
LFシリーズ
LS-7000XT
LS-7000
LS-8200SD
NS300
NS310
NS320

本件に関するお問い合せ先

お問い合わせフォーム をご利用ください。


↑ Top of Page