白山からのお知らせ


2012年06月25日

データマーク製品のうるう秒調整に伴う挙動について

2012年7月1日にうるう秒調整が実施されます。

今回のうるう秒は、日本時間の2012年7月1日(日曜日)08:59:59と 09:00:00の間に8:59:60のうるう秒が挿入されます。


このうるう秒調整が実施された際のデータマーク製品の挙動についてお知らせします。
今回のうるう秒挿入は日曜日に実施されます。日曜日に実施される場合、2006年以前にリリースされた製品では搭載されているGPSモジュールに不具合があるため、通常とは異なった挙動をします。各製品の挙動について記載しておりますのでご参照ください。

また、この不具合を解消するため、LS-7000/LS7000XT/LS-8200SD/LS-20Kの4機種では、不具合のあるGPSモジュール交換について2005年よりご案内をさせて頂いております。この交換の実施状態については製品に貼られたシールを見ることで確認ができます。
詳細につきましては、下記のURLをご参照ください。


 ⇒ http://www.hakusan.co.jp/products/keisoku/doc/gps-module.pdf


■2012年7月1日のうるう秒挿入時に不具合が発生する可能性のある製品

-LT8500/LS-8000SH/LS-8000WD

-LS-8800
  • ・ファームウェアがVer.1.52以前の製品

-LS-7000XT
以下のいずれかの条件に合致する製品
  • ・ファームウェアがVer.05/08/04以前のLS-7000XT
  • ・不具合のあるGPSモジュールを搭載している製品

-LS-7000
以下のいずれかの条件に合致する製品
  • ・ファームウェアがVer.050804221526以前のLS-7000
  • ・不具合のあるGPSモジュールを搭載している製品

-JUシリーズ
  • ・上記条件に合致するLS-7000XTまたはLS-7000を搭載した製品

-LS-8200SD/LS-20K
  • ・不具合のあるGPSモジュールを搭載している製品

■2012年7月1日のうるう秒挿入時に正常に動作する製品

-LS-8800
  • ・ファームウェアがVer.2.00以降の製品

-LFシリーズ

-LS-7000XT
以下のいずれかの条件に合致する製品
  • ・2006年以降に製造された製品
  • ・GPSモジュール交換済でファームウェアがVer.05/11/25以降の製品

-LS-7000
以下のいずれかの条件に合致する製品
  • ・2006年以降に製造された製品
  • ・GPSモジュール交換済でファームウェアがVer.051116235416以降の製品

-JUシリーズ
  • ・上記条件に合致するLS-7000XTまたはLS-7000を搭載した製品

-LS-8200SD
  • ・GPSモジュール交換済の製品

-LS-20K
  • ・GPSモジュール交換済の製品

-SU100
  • ・うるう秒調整は認識しません
  • ・データのタイムスタンプはパソコンのシステム時刻動作に依存

-LU102/SU102
  • ・うるう秒調整は認識しません
  • ・NTPサーバと接続している場合はNTPサーバの挙動に依存

うるう秒調整に対するファームウェアについて

製品により古いファームウェアバージョンを使用すると正常に動作しません。
詳細につきましては、下記のURLをご参照ください。


 ⇒ http://www.hakusan.co.jp/download/keisoku/dl_update.shtml


計測機器の挙動(概要)

うるう秒挿入時刻を迎えたときの基本動作について記載します。


○通常(日曜日以外)の基本動作は、テレメータ出力データ、蓄積されるデータともに
08:59:59 ―> 08:59:60 ―> 09:00:00 ―> 09:00:01 ・・・
となり、ハングアップせずに動作し08:59:60を含むデータが作成されます。

※機種やファームウェアのバージョンや搭載されているGPSモジュールにより動作に差異があります。各製品の詳細情報をご確認ください。


○今回(日曜日)の動作は、LT-8500 、LS-8000SH 、LS-8000WDの製品で
08:49:46から08:59:59の間に時刻が重複したデータが作成されたり、
09:00:00のタイムスタンプがつかずに09:00:60が作成される動作をします。
この動作によるハングアップは発生しません

※この動作は、08:59:46から09:00:00の間に発生し、9:00:01以降は正常の動作となります。

※LS-7000やLS-7000XTでGPSモジュール不具合が未対応の場合、08:59:46から08:59:59の間に時刻が重複したデータが作成される可能性があります。現象が発生しない場合は、通常(日曜日以外)と同様の動作をします。


各製品の詳細情報 ( 計測機器 )

LT8500の詳細――> leap_data_logger_LT8500.pdf

LS-8000SHの詳細――> leap_data_logger_LS8000SH.pdf

LS-8000WDの詳細――> leap_data_logger_LS8000WD.pdf

LS-7000/LS-7000XTの詳細――> leap_data_logger_LS7000_LS7000XT.pdf

LS-8200SDの詳細――> leap_data_logger_LS8200SD.pdf

LFシリーズの詳細――> leap_data_logger_LF.pdf

LS-8800の詳細――> leap_data_logger_LS8800.pdf


時刻同期機器の挙動(概要)

うるう秒挿入時刻を迎えたときの基本動作について記載します。


-GPS 同期型高精度刻時装置 LS-20K-

○通常(日曜日以外)の基本動作は、
08:59:59 ―> 08:59:60 ―> 09:00:00 ―> 09:00:01・・・
となり、ハングアップせずに動作し08:59:60を含むデータが作成されます。


○今回(日曜日)の動作は、
08:49:46から08:59:59の間に時刻が重複したデータが作成されたり、
09:00:00のタイムスタンプがつかずに09:00:60が作成される動作をします。
この動作によるハングアップは発生しません。
詳細は、LS-20Kの詳細 をご確認ください。


-GPS同期型NTPサーバNS320、NS310、NS300-
○うるう秒実施時の基本動作は、曜日に関係なく下記の動作をします。
08:59:59 ―> 09:00:00 ―> 09:00:01・・・
となり、08:59:60はセットされません。そのため、9:00:00以降は1秒ずれた状態となります。NTPサーバはこの1秒ずれを誤差と認識し、NTPサーバ機能を複数回にわたり中断しながら誤差を収束します。収束している間(45分から1時間)は時刻精度が高くない状態です。
詳細は、 NS320/NS320/NS300の詳細 をご確認ください。

各製品の詳細情報 ( 時刻同期機器 )

LS-20Kの詳細――> leap_time_server_LS20K.pdf

NS320/NS310/NS300の詳細――> leap_time_server_NS.pdf


GPSモジュールを搭載していない機器の挙動(概要)


-有線LAN地震計 LU/SUシリーズ/無線LAN振動計SU100-

○両機器ともにGPSモジュールは搭載されていませんが、うるう秒実施時の挙動は、LU/SUシリーズでは接続する外部NTPサーバの挙動、SU100ではデータ通信するパソコンのシステム時刻動作に依存します。
詳細は、 LU/SUシリーズ 、SU100の詳細を参照ください。


-LS-3350+LS20K-

○LS-3350はGPSモジュールを搭載していませんので単独で使用する場合は、うるう秒は考慮されずに内部時計をもとに時刻データが生成されますが、LS-20Kを接続して動作している場合は、LS-20Kの挙動がLS-3350の時刻データ生成に影響があります。
詳細は、 LS-3350+LS20Kの詳細をご確認ください。


各製品の詳細情報 ( GPSモジュールを搭載していない機器 )

LU/SUシリーズ、SU100の詳細――> leap_non_gps_LU_SU.pdf

LS-3350+LS-20Kの詳細 ――> leap_non_gps_LS3350_LS20K.pdf


本件に関するお問い合せ先

お問い合わせフォーム をご利用ください。


↑ Top of Page