白山からのお知らせ


2010年10月26日

データマークLS-8800設定用ソフトウェアバージョンアップのお知らせ

LS-8800

LS-8800設定用ソフトウェアは、LS-8800の設定ファイルを作成するWindowsソフトウェアです。
LS-8800の添付品であるサポートディスクに入っています。


不具合

Time Calibration項目で、FIXモードを選択し位置情報を入力する際に、分の小数点以下の入力値が4桁未満のとき、値の位取りが右詰めに処理されていました。
例:Latitudeを N35 40. 345 と入力した場合、設定ファイルls8800.cfgへは  GPS_LATITUDE,N35 40.0345, と保存。
AUTOモードを選択した場合、不具合は発生しません。
不具合修正前の距離の誤差は最大約1.8kmです。万が一最大誤差で計測しても、時刻同期精度は仕様の範囲内に収まります。


対策

分の小数点以下の入力値が4桁未満のとき、位取りを左詰めに処理するよう変更しました。
例:Latitudeを N35 40. 345 と入力した場合、設定ファイルls8800.cfgへは
  GPS_LATITUDE,N35 40.3450, と保存。


仕様変更

・Auto Correct(数値表示の自動更新機能)をメニューに追加しました。
・入力範囲外の値を入れても入力前の値に戻るように変更しました。


変更前バージョン

Ver1.00

変更後バージョン

Ver1.01


お手数をおかけしますが、新しいソフトウェアを以下のページからダウンロードしてください。

 製品アップデートダウンロード 計測機器 LS-8800 設定用ソフトウェア
  * 設定用ソフトウェア 単体でのダウンロード提供は取りやめました。


↑ Top of Page