白山からのお知らせ


2009年10月19日

LS-7000XTファームウェア不具合と修正版ファームウェアのお知らせ

LS-7000xt この度、LS-7000XTのファームウェアにおいて下記の不具合が確認されました。
ファームウェア(08/09/24)または(09/03/02)をご使用されている場合、下記の不具合が発生する可能性がございます。


最新ファームウェアへのアップデートをお願いいたします。


不具合の報告

対象製品
LS-7000XT
  • アンチエイリアス版ファーム(バージョン 08/09/24ならびに09/03/02)
  • オフセットキャンセル版ファーム(バージョン 08/09/24ならびに09/03/02)

不具合内容

稀に、999msecを超える時刻校正結果が発生する。
時刻校正間隔を毎秒時刻校正に設定した場合は起動後最初の時刻校正時、毎秒時刻校正以外に設定した場合は時刻校正の度に発生する可能性がある。


原因

GPS情報(絶対値)とTCXOの時刻の差をとるタイミングがズレて、実際には大きなズレが無いにも関わらず、大きな誤差が発生したとしてTCXOの調整を行う。


影響

現象が発生した次の時刻校正までTCXOの調整を行い、調整値は1時間で最大1ppm(3.6msec)のズレとなる。
次の時刻校正時にGPS情報(絶対値)とTCXOの時刻が正しいタイミングで差をとれるため本来の値が記載される。
本来の値が確認された後は、誤ってズレた分(最大1ppm)の誤差を調整する。


対策

不具合を修正したファームウェアをリリースする。


修正版ファームウェアについて

変更点

時刻校正間隔を毎秒時刻校正以外に設定した場合でも、999msecを超える時刻校正結果が発生しないように修正した。


最新版にアップデート可能な機体
  • ・2007年6月1日以降に出荷されたLS-7000XT(修理等、預り品の再出荷含む)
    正面左上に青いがついています。
  • ・マイナーチェンジ版の機体(シリアル番号『08260001』以降)

ファームウェアバージョン

09/10/01


ダウンロード

製品アップデートページよりダウンロードできます。
LS-7000XT製品アップデートページ


本件に関するお問い合わせ先

問い合わせフォーム をご利用ください。


↑ Top of Page